[004] 真似をして自分のものにするために注意すること

Posted by LIND on 2011年12月3日 in セミナー |
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - [004] 真似をして自分のものにするために注意すること
Share on Facebook

スターブランドクラブのアワードパーティー!始めて来たけど店内が思いのほか広い。そしてカオスw カオス最高\(^o^)/ (@ アウトバックステーキ) http://t.co/qhH9RKTWFri Dec 02 12:16:16 via foursquare

 

昨日は自分のメインフィールド、スターブランドクラブが年末に開催する、アワード授賞式とパーティーにカメラマンとして参加してきました。
アワードは受賞者が記念プレゼンをするという事で、いつもは一緒にセミナーを受けている方が話をしていて、おもしろかったです。
撮影をしていたので、講演のメモを取る事ができなかったのは残念ですが、一つだけ印象に残った話がありました。

 

ビジネスシステム部門で受賞した北海道のBrainという建築会社の坂本社長のプレゼン。
自社のクレドについて説明していた中で「T・T・P(徹底的にパクる)」という話がありその中で以下の様に語っていました。

 

建築の場合多くの作品を自分なりにアレンジをして真似をするけど実は真似をするとは本当に難しい。細かいディテールまで真似をするのは本当に真剣に取り組まないと真似できない。
でも真似を続けることで自分のものになってく

 

よく「真似をしなさい」と教えられるが、どこまでを真似するはを聞いたのは初めて。
真似をするとは「手軽に簡単に早くできること」そんな風に思っている自分がいましたが、真似をして本当に自分のものにするためには、全て真似をする。表面に見えるものから、表面には現れない思考や理屈など深く・全部を真似しないといつまでたっても自分のものにはなっていかないのではないかと思いました。

タグ: ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright © 2011-2021 LINDの楽屋話 All rights reserved.
Desk Mess Mirrored version 1.9 theme from BuyNowShop.com.